読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感考創彩

ちょっとの好奇心と工夫で、人生はずっと面白くなる。忙しい日々の中にちょっとしたゆとりと気づきを、人生に彩りを。そんなゆる〜いブログです。

ユーモアのセンスを磨くために

今自分の中でお笑いブームでして。
10年前のM1を今頃になってゲラゲラ笑いながら見たり、ユーモアについて書かれた本を読んで自分なりに体系化してみたり・・・ちょっとした贅沢な時間を過ごしています。

しかし、今の時代、ユーモアは本当に貴重な役割を果たしていると思うんですよね。
人生なんて、うまくいかないことの方が多いじゃないですか。そんな時、ほんのちょっとでもクスッと出来るだけで、気がつけば心が少しだけ前向きになれている、という経験は多くの人が持っているはず。そして、目の前の途方もなく大きく見える問題に対して、討ち死に覚悟で真正面から突撃するのではなくて、少し他に逃げ道がないか、視野をずらして見てみる心の余裕ができると思うのです。これは個人レベルでできる最高のマインド・セーフティーネットのようなものだと個人的には思ってます。真面目な人ほど、大きな問題を抱えた時にその問題をなんとかしようと頑張り過ぎてしまって、一つの問題にのめり込んでしまって、気がつけば取り返しがつかないほどに疲弊して心身の健康を崩してしまいがちなもの。ユーモアのセンスを磨いておくことは、自分の心身の健康、そして時には命を救うことにもつながるかもしれません。

ではユーモアのセンスを身につけるにはどうすればいいのか。
これは、ユーモアがあるなと思える人をよく観察してみるのが一番なのかなと。
今まで、自分は「ユーモアセンス=人を笑わす天性の才能」だと思ってました。
自分にはそんな天性の才能はないから、人を笑わせられるような面白いことが何一つ言えないから。だから友達も少ないんだろうなぁ、と勝手に考えてました。でも、多分そうじゃない。今のところの自分の中間結論としては、「ユーモアセンスは後天的に磨ける。そして、それは如何に自分らしさを素直に出せるかによるところが大きい」のだと。ユーモアがある人、面白い人は必ずしも、面白いことばかり言っているわけではない。それでも、話や雰囲気、着眼点にその人らしさが垣間見えると、見ている方は自然と笑ってしまう。

まだ書きたいことはあるのだが、それはまた今度にしようと思う。